EDとは、勃起不全を指す言葉です。
日本では成人の約4人に1人がEDに悩んでいると言われています。
このEDには治療薬があり、実に様々な種類があります。
なので、病院で診察を受けて、自分に合った薬を処方してもらう事が大切です。

ED治療薬は経口服用タイプの薬がほとんどです。
性行為の4時間ほど前に定められた用量を服用します。
ただし、服用にあたっては注意点がいくつかあります。
まず一つ目に空腹時の服用が望ましいという事です。
それによって、薬の効果を最大限に引き出す事が可能になります。

二つ目に、服用の後にアルコールを大量に摂取するのは控えたほうが良いです。
アルコールには神経伝達を鈍らせる作用があります。
そのため性的な刺激を受けにくくなってしまいます。
ED治療薬は血流改善をする事で勃起を補助する薬なので、性的な刺激を感じられないと効果が出ないのです。

ED治療薬は効果の期待出来る薬ではありますが、その反面で副作用が起こる恐れもあります。
代表的な副作用としては、頭痛や顔のほてり等があります。
ただし、これらの副作用は一過性の場合が多く、時間が経つと改善する場合がほとんどです、しかし、あまりにも症状が長引く等の場合には、速やかに医師に相談する事が大切です。