最近よくジェネリックという言葉を耳にするようになっています。
このジェネリックに関してですが、特徴は他の薬と比べて安いと言うことです。
なぜジェネリックは安いのかというと、それは開発費用が安くすむからなのです。
製薬会社では新しい薬の開発をする際には、他の会社に真似をされないように特許を取って発売をします。
このように先に発売された薬に関しては洗発医薬品といいます。
これに対してジェネリック医薬品は、この特許期間が切れた跡に同じ成分で作って発売された薬のことなので、後発医薬品といいます。
先発医薬品の開発にはその期間が10年から15年必要で、費用も250億円から800億円が必要とされています。
しかしジェネリック医薬品の場合には、特許が切れた先発医薬品の成分を使うので、成分自体の研究開発費用がいらないと言うことになります。
したがって同じ成分であったも、先発医薬品よりも3割から6割安い価格となっているのです。
したがってED治療薬であるバイアグラはこの先発医薬品になるので、バイアグラは高いという結果になるのです。
しかし先発医薬品でもジェネリック医薬品でもその効果に大きな差がありません。
主成分の成分が先発医薬品と異なっていたり薬の形を作る製法が異なると言うことがありますが、主成分の純度の違いはわずかということが多いです。
しかし厚生労働省が定めた基準に入っているので安心です。
バイアグラジェネリックの中には、国産の物としてシルデナフィルがあります。
水がなくても飲めるようになっています。
このほかにはカマグラゴールドがあります。
安全性はそのままに、コストを抑えて製造や販売が可能になっている物として人気が高くなっています。