クエン酸シルデナフィルは、バルデナフィル、タダラフィル同様、日本で広く使用されている勃起不全症(ED)治療薬の1つです。日本ではバイアグラの商品名で、日本で初めて勃起不全症の治療薬で臨床応用されました。近年では、ジェネリック医薬品も製造販売承認を受け、医療機関でより安価に入手することができるようになりました。とはいっても全額自己負担になるので、病院で薬をもらうと相当な費用がかかります。そこで、同一有効成分の海外製品を個人輸入する方が沢山いらっしゃいます。その海外製品の1つがスハグラです。
これらクエン酸シルデナフィル製剤は特定酵素の働きを阻害することで、薬理作用を発揮します。その特定酵素とはホスホジエステラーゼⅤです。このホスホジエステラーゼⅤはサイクリックGMPという血管拡張効果を有する分子の分解を促進する酵素です。つまりそれを阻害すると血管が拡張します。陰茎部の血管が拡張すると、陰茎部の海綿体への血液の流入量が増加して、それにより勃起が引き起こされます。
ただ陰茎部以外の血管も拡張させるので、それにより副作用も引き起こされます。その代表例が、低血圧、頭痛、めまい、鼻づまり、顔面紅潮などです。
ただ、陰茎部以外の血管が拡張することを逆手にとって、他の疾患に応用する例が出てきています。クエン酸シルデナフィルの場合、レバチオという商品名で肺動脈性肺高血圧症の治療に応用されています。この疾患では、肺の末梢動脈が狭窄、もしくは閉塞し、その部分の血管内圧が高まり、血液成分が肺実質に流れこみ、血痰や肺水腫を引き起こす疾患です。レバチオはこの狭窄、または閉塞した末梢動脈を拡張させ、血液の通り道を作り、血管内圧を下げることで、疾患を改善するように設計された医薬品です。