病院で処方されるED治療薬のジェネリック医薬品として、数多くの安価な薬が世の中に存在します。スハグラもそのようなジェネリック医薬品で、長くEDに悩む男性の心強い味方として、活躍しています。
ED治療薬は脳に作用する訳ではないため、睡眠薬のように依存の危険性がないことから、長期にわたる服用でも安全です。無理やり勃起状態にさせることもなく、性的刺激を与えることで効果が発揮される点も、EDを根本から改善するのに、妨げにならないのがメリットです。
そんなスハグラですが、ED治療薬は医薬品とあって、副作用が出ることは当然ながらあります。副作用が出た時の対処法について、十分に理解を深めたいところです。
スハグラの代表的な副作用としては、顔がほてったり、頭痛や動悸、めまいやふらつき、消化不良や鼻づまりなどがあります。その他でも、目に関するところでは、色の異常や光がまぶしいなどの症状が有名です。
これらの副作用は一過性のものですので、長く続かなければ放っておいてもまず問題ありません。これらの症状が出るのは、ED治療薬の成分量が多い可能性がありますから、錠剤を割るなりして量を減らしてみるのもよいでしょう。
しかし、これらの副作用がいつまでもおさまらなかったり、薬による勃起状態が4時間以上続く時には、速やかに医師に相談しましょう。
副作用の中でも、嘔吐や吐き気、気分が悪くなるといった症状が出た時には、強い副作用があらわれる可能性があることから、この場合にも早めに病院へ向かうことをおすすめします。
スハグラは1日に1錠の服用までが原則とされており、24時間以上の間をあけなければなりません。正しい使い方を心掛けることも、副作用を減らすポイントです。